バッテリーの放電?:117クーペ 旧車のある生活
北海道ショップ.BIZ
デジタルカメラ激安ショップ

バッテリーの放電?

117クーペのバッテリーは変えたばかりなのに
すぐに上がってしまいました。

当然、ダイナモ(オルタネーター)の不良が考えられます。

いつもの修理やさんでミッションオイルを交換している間にいろいろ見てもらいました。

バッテリーからのケーブルにテスタのクリップをはさみました。
キーをオフにしている状態でかなり、電流が流れています。

そこで、ダイナモの端子につながるケーブルにテスタをはさんでみると
やはり流れています。

そこで、ダイナモの充電不良が考えられます。


しかし、ダイナモの修理と言っても昔のものですから、修理自体も大変です。

ダイナモから出ている端子をはずして、もう一度テストしてみようとして、ダイナモについていた切りっぱなしの細い線がありましたので
これをはずしました。

たぶん前のオーナーが何かのあとずけの電子部品を取り付けていたものだと思います。

そしてもう一度、計ってみると・・・


・・・・


ピンポーン


ほとんど、放電がなくなりました。


ほんの小さな端子から空中放電していたようです。
まさか、こんな小さなものがバッテリーの放電をしていたなんて


電線は小さなものですから、気がつかないかもしれませんが、そこからもれる電流は結構大きなものです。

バッテリーに着けてある端子には気をつけましょう。
激安輸入タイヤ
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:バッテリー

 


輸入タイヤ販売の専門店 スポンサードリンク
リンク集
検索ボックス
 
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。